花粉症で辛い時、花粉症薬ランキングを見てください。 10月・11月の秋の時期に飛ぶ花粉対策と、12月・1月・2月の冬と、3月・4月・5月の春頃の治療法は全て異なります。 季節毎に原因が異なるから、鼻水の症状だったり、頭痛がひどかったり・・・。 アレルギー体質の人は、マスクだけでは防げません。 病院に行く暇がない人は、お茶やサプリメント等で日常改善が効果的です。

花粉症治療用の薬

口コミで評判となっている、
花粉症の辛い症状を和らげるツール&市販薬です。

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
「つ~ん」とせずに本格的な鼻洗浄が手軽に出来る。
花粉だけでなく、黄砂・PM2.5対策にも有効。
耳鼻科医も薦める商品。

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
アレルギー性鼻炎患者からの支持率が高い薬。
花粉やハウスダストで悩んでいる人は試してみる価値があります。



花粉症治療に用いられる薬は抗アレルギー薬がほとんどです。

抗アレルギー薬とはアレルギー反応を抑える働きをする薬で、花粉が体内に入ったことによって起こったアレルギー反応を抑えます。

抗アレルギー薬は花粉症を根本から治すものではありませんが、即効性があることから多くの花粉症患者が使用しています。

花粉症患者が増える一方で花粉症治療薬の研究も進み、症状改善効果のある薬の開発が進んでいます。

花粉症が重篤な場合はステロイド薬が使われます。
ステロイド薬はアトピー性皮膚炎の患者に使われる薬で、アレルギー抑制効果も高い薬です。

花粉が原因の炎症を抑える効果もとてもあることから花粉症に用いられるのですが、ステロイド薬は副作用の心配があります。

ステロイド薬による副作用を少なくするためには、症状が重いときにだけ使うようにしたり、使う期間を短くするなどの工夫が必要です。

その他にもアレルギー反応を起こす細胞を活動できないようにする効果のあるTh2活性阻害薬や、自律神経に働きかける薬を使う治療法もあります。

症状の出方は体質により違いがありますし、副作用が強く出るかどうかも個人差があります。

あまりにも強い花粉症の薬を飲んでしまうと、頭がボーとして仕事や家事に支障をきたす場合も多いです。

甜茶やべにふうき緑茶のサプリで症状が改善する人は、
出来るだけ薬に頼らず、サプリメントで対処しましょう。

病院に通っている人は、担当医師と相談のうえ花粉症の治療に取り組むのがベストです。

▲このページのトップへ