花粉症対策の服装・帽子

花粉症患者にとって花粉に触れる機会が減ることは症状の軽減に繋がります。

スポンサードリンク

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
ハンディタイプ鼻洗浄器

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
花粉やハウスダストに効果あり

そのため花粉が飛ぶシーズンは外出から戻った際、花粉が家の中に入らないように玄関先で洋服に付いた花粉を掃い落としてから家に入るのが大切です。

近年花粉症患者が急増していることから花粉が付きにくい素材で出来た衣服が作られ、髪に花粉が付くのを防ぐ帽子も登場しています。

花粉が付きにくい素材の洋服が手に入らない場合は、表面がツルツルした切りかえや縫い目が多くないようなシンプルなデザインの物を選ぶと花粉を避けることが出来ます。

花粉が溜まる場所が少ないデザインのものを選んで着ると良いでしょう。

さらに花粉が体内に入らないようにするために、花粉を通さない目の細かいマスクや顔の凹凸に合うように設計されたマスクが販売されるなど、花粉症対策グッズが豊富になっています。

花粉は目の粘膜にくっつきやすく張り付いてしまうと目が痒くなったり粘膜を傷つけたりいろいろ悪さをします。

目に花粉が入らないようにするゴーグルも以前はかけるのにためらうほど仰々しいものでしたが、最近ではファッション性も高くなり一見花粉症グッズだと分からないようなデザインになっています。

花粉症患者の急増から花粉が飛ぶ季節が近づくと花粉対策をしている人が多くなります。花粉症は早めの対策が有効ですから、花粉が飛ぶ1ヶ月くらい前から準備を始めましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

花粉症の肌荒れ&化粧品の選び方
花粉症の症状はいくつかありますが、花粉によって皮膚にトラブルが出る人もかなりいる......

▲このページのトップへ