DNAワクチンで花粉症治療

花粉症の患者の増加に伴って治療法の研究も進み、新しい方法も開発されています。
最近ではDNAワクチン療法という治療法が話題になりました。

スポンサードリンク

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
ハンディタイプ鼻洗浄器

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
花粉やハウスダストに効果あり

以前から行われてきた
『花粉症予防法の減感作療法とどこが違うのだろうか?』
という事を調べてみました。

減感作療法とは花粉症のアレルゲンを長期間注射することによって体内に送り込むことで花粉症の予防に高い効果が出ます。

でも、効果の出方に個人差があり思ったような効果が得られない人もいました。


そこで新たに出てきたのがDNAワクチン療法です。

DNAワクチン療法とは、花粉症の原因となっている花粉の抗原遺伝子を体内に取り入れ、アレルゲンの耐性を強化する方法です。

花粉に慣れさせるために行う治療法です。薄めたアレルゲンを一週間に一度から二度注射していくと、70%の確率で効果が出ているようです。

この治療法はまだ安全性が完全に証明されていないため、まだ正式な治療法として確立されていません。

臨床テストが行われている段階なのでDNAワクチン療法を受けられる医療機関はほとんどありません。

しかし、犬などでは効果が表れていますので、これから研究が進められていくことで安全性が証明されれば有効な治療法になることは間違いありません。

さらに研究が進められるうちにいろいろが治療法が開発されるでしょう。

しかし、体質によって合う合わないがありますので自分に合った治療法に取り組むようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

花粉症のレーザー治療・手術
花粉症で手術を受ける人がいるようです。 この手術は花粉症によって鼻に大きなトラブ......

▲このページのトップへ