花粉症はアレルギー反応が原因

花粉症は体内に入った花粉に対しアレルギー反応を起こすことによって発症します。
アレルギー反応が出ると目が痒くなったり鼻水が出たりと様々な症状が出ます。
アレルギー反応が出るまでには体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

スポンサードリンク

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
ハンディタイプ鼻洗浄器

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
花粉やハウスダストに効果あり

花粉が入った体内では、アレルギーの元になるアレルゲンを外に追い出そうと免疫機構の活動が活発になります。
そして体内にあるリンパ球B細胞が花粉に反応することによって抗体が作り出されます。
作り出された抗体はアレルゲンに反応して鼻水や涙、くしゃみなどで外に出そうとするのです。

アレルゲンに反応するのは肥満細胞であることが分かっています。花粉症の原因となるIgE抗体は誰もが持っている抗体です。

しかし、花粉症患者とそうでない人の抗体の数はかなりの違いがあり、花粉症患者は数十倍から数百倍も多く抗体を持っています。
花粉症の疑いがありはっきりしたい人はこのIgE抗体の数を調べてもらうことで判断が出来ます。

花粉症は一度体内で抗体が作られさらに、その後もう一度花粉に触れることによってアレルギー反応が起こります。
このことから生まれつき花粉症になることはないのですが、最近では赤ちゃんが花粉症になるケースもあります。
花粉症も低年齢化しているので赤ちゃんが花粉に触れることが無いようにこまめに掃除をしたり、洗濯や外出に気をつけましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

遺伝する?子供の花粉症
花粉症を患っている人の家族の中に何人か同じような症状を訴えている人がいる場合があ......
スギ花粉症 春の花粉対策
春先に近づくにつれ大きなマスクをした人を多く見かけるようになります。 花粉症の代......

▲このページのトップへ