花粉症の肌荒れ&化粧品の選び方

花粉症の症状はいくつかありますが、花粉によって皮膚にトラブルが出る人もかなりいるようです。
花粉症で皮膚に炎症が起こる人が多いのはスギ花粉によるものだと言われています。

スポンサードリンク

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
ハンディタイプ鼻洗浄器

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
花粉やハウスダストに効果あり

花粉は粘膜に付くだけでなく、露出している皮膚に付着することによって強い痒みが出て皮膚炎になってしまうケースがあります。

特に女性はファンデーションを塗っていますので、それが余計に花粉の付着を助けてしまいトラブルの原因となってしまうのです。

花粉によって皮膚に影響が出やすい箇所は目の周りで、皮膚炎にとなってしまった瞼がかさかさしてしまったり、腫れてしまう人もいます。

アトピー性皮膚炎の人が花粉症になると、発疹が強く出る場合があります。

皮膚に花粉が付かないようにするために油脂性のワセリンなどを顔に塗っておくと効果的です。
また、ワセリンは肌の乾燥を防ぐ効果もあるので乾燥による肌荒れも予防できます。

お肌になるべく刺激を与えないようにするために、洗顔後はしっかりと洗顔成分を落として潤い補給をするなどのお肌ケアが必要です。

また、お風呂の温度にも気を配り、乾燥しやすくなってしまうような熱いお湯に入らないように気をつけましょう。
これはアトピー患者にも共通する肌対策です。

花粉症の人は花粉が直接肌に付かないように長袖や首まである洋服や、帽子やスカーフなどを使用し、保湿も忘れてはいけません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

花粉症対策の服装・帽子
花粉症患者にとって花粉に触れる機会が減ることは症状の軽減に繋がります。 そのため......

▲このページのトップへ