秋(9月・10月・11月)の花粉症ブタクサの対策

花粉症は春先ばかりではありません。
秋に花粉症の症状を訴える人も多いのです。

スポンサードリンク

ranking_1.jpg
ハナクリーンS
ハンディタイプ鼻洗浄器

ranking_2.jpg
スカイナーAL錠
花粉やハウスダストに効果あり

夏の暑さによって体力や免疫力が低下し、秋に入って体調を崩す人も多く、
花粉症の症状が重くなってしまうケースがあることから花粉症対策をしっかりしておきたいものです。

秋の花粉症にはどのような植物が関係しているのでしょうか?

一番多いのはブタクサアレルギーです。
ブタクサは夏の終わりである9月の初めの頃に花が咲き花粉を撒き散らす植物で、アメリカからの外来種です。
アメリカではブタクサによる花粉症の患者がとても多いそうです。

また、秋の植物であるセイタカアワダチソウも花粉症の原因だと言われてきました。

この植物の俗名がブタクサだったり、気管支喘息の原因だと言われていたことから一時期全国的に除草された時期もありましたが、今では花粉症の原因とはなっていないことが分かっています。

秋の花粉症の原因植物のもう一つはヨモギです。
ヨモギは全国的に見られる植物で9~11月頃に花が咲きます。
草もちなどに使われる身近な植物です。

また、カナムグラと言うつる性植物も秋の花粉症の原因となります。
秋にもいくつか原因植物がありますが、秋を乗り越えれば花粉があまり飛ばない冬の季節になります。

花粉対策を忘れないで正しい対処をすれば重篤にならずに過ごせるのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

3月の花粉対策
花粉症で悩んでいる人の8割がスギ花粉によるものだと言われています。 春先が近づく......
2月の花粉症対策 飛散量が増える前が勝負
基本的に花粉症患者が多い季節は春と言われています。 それはスギ花粉にアレルギー反......

▲このページのトップへ